50mmレンズで栄の名古屋中国春節祭を撮影してきた

撮影記

今日は栄に用事がありました。せっかくなので街角スナップでもやってみようと思ってカメラを持って行ったのですが、久屋大通で何やらイベントが行われていました。その様子をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

場所(by GoogleMaps)

開催場所は定期的に何らかのイベントが行われているエディオン久屋広場。12月にはクリスマスマーケットが行われていた場所です。

名古屋クリスマスマーケットに行ってきました
今年も名古屋は久屋大通公園で行われているクリスマスマーケットへ行ってきました。その様子をお伝えしたいと思います。

クリスマスマーケットと今回の名古屋中国春節祭、全然雰囲気が違っていました。

 

名古屋中国春節祭

栄方面へ歩いていたときの一枚。広場の方にテントが見えてきました。

今日挙げる写真は、RAWデータをそのままJPEG出力したのですが、全体的に暗めになっていた。ちなみに今回使用したレンズは『AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G』です。よく言われる標準レンズの一つ。

 

パルコ。今日は曇り空でした。

 

何かを焼いている煙なのか、すごくモクモクしていました。

 

パンフレットを見つけました。このパンフレットを見つけた段階で、イベントの内容をようやく把握できました。

 

協賛がたくさん。今回で14回目になるようですね。

 

会場へ入ると、壺を囲んで縦横無尽に踊っている人々がいました。

踊り現場の近くにはパンダもいました。

 

孫悟空のショーみたいなのも行われていました。

 

別の所では、米津玄師作曲のパプリカに合わせて子どもたちが踊っていました。周りの人たちも比較的多くの人がパプリカを知っている様子でした。米津玄師の曲の知名度スゴい…。

 

今回は会場の雰囲気だけ見て、特に何かを買う予定は無かったのですが…、

目に入ってきたタピオカの文字。

買いました。妻に持ってもらって撮影したのですが、最短撮影距離を確保できていなかったみたいでフォーカスが合わなかった。

MとLの差額が50円だけだったので、Lにしました。ちなみに飲んだのはパインジュース。

タピオカに甘みがあっておいしかったです。ちなみに、某コンビニで買ったタピオカジュースは、タピオカがこんにゃくみたいでした…。

 

会場は多くの人で賑わっていました。奥には現在改修中のテレビ塔。

 

中国の何かでしょうか。

 

そんな久屋大通公園でした。

 

まとめ

感じたことは、50mmって私にとっては狭いということ。そして、最短撮影距離はもう少しほしいということ。今日のレンズは45cm。手元の撮影には少し苦しいですね。

となると狙いは35mm。『NIKKOR Z 35mm f/1.8 S』なんかは魅力的です。というか、狙いは定めました。ゆくゆくはお金を貯めて買いたいと思います。

 

撮影機材

コメント