近鉄四日市駅周辺、諏訪栄町で街撮りしてみました

撮影記

カメラをNikonのD750からZ6に変えました。その結果、カメラもレンズもコンパクトになりました。街撮りで、大きいカメラを携えていると少し仰々しくなってしまうこともあり、今まではなかなか挑戦できませんでした。Z6を買ったのを機に街撮りにも挑戦してみよう、ということで今日は近鉄四日市駅周辺で街撮りしてみました。

スポンサーリンク

場所(by GoogleMaps)

今回街撮りしてみたのは、近鉄四日市駅の東側、諏訪栄町です。商店街や諏訪神社などがあり、それなりの人で賑わっています。そんな街を撮影してみました。

2本のレンズを使用したので、レンズ別に写真を載せつつ、話してみたいと思います。

 

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

まず装着したのは、広角ズームレンズでした。このレンズが使用したいがために、Zマウントに乗り換えました。そんな広角レンズ、上手く使いこなせるのでしょうか…。

ここは近鉄四日市駅の西側。アピタへ通ずる道です。この写真を撮影した場所は諏訪栄町ではありません。写真中央に見える、高架の下を越えると諏訪栄町に入ります。

 

高架を越えて諏訪栄町に入りました。WELCOME YOKKAICHIという旗に載っているのは、こにゅうどうくんというキャラクターです。

 

14mmで撮影してみました。この道の向こうにある、スターアイランドという建物、今年の2月末日を以て閉店になるようです。今日はその中の郵便局にも用があり行きました。スターアイランドの閉店後、郵便局がどうなるのか懸念していたのですが、どうやらアピタ側に移転するようです。一安心ですね。

 

スターアイランドを尻目に歩いて行くと、1番街商店街に辿り着きます。今日は少し寒かったこともあってか人の姿はまばらでした。ちなみに、このレンガの建物のところでタピオカも売られています。

 

令和の文字が大きく掲げられていました。

 

その後歩いていると、少しばかりクリスマスの名残を発見しました。

 

そして諏訪神社まで辿り着きました。この側にある諏訪公園でレンズを交換しました。

 

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

標準ズームレンズに交換しました。24mmにもなると、極端なパースは効かなくなってきますね。

 

境内へ。初詣へ来られている方も多く見られました。

 

赤い鳥居が連なっていました。鳥居の側に居る家族は絵馬に書き込みを行っていたようです。

 

諏訪神社を後にし、再び商店街まで戻ってきました。人の姿は相変わらずまばらです。

 

散策していたら、3の文字を見つけました。どうやら3番街と呼ばれる商店街もあるようです。てっきり1番街しかないものかと思っていました。

 

ちょっと路地裏にも目を向けていました。スナップ写真をよく挙げられている方のブログなんかを見ると、このような路地裏の写真をすごくノスタルジックに撮影されているのを見ます。そのような写真に憧れます。

 

要所要所にこにゅうどうくんの姿を見つけます。

 

しばらく歩いていると不気味なものを発見しました。

 

こにゅうどうくんに後ろに見えるのは、『大入道』です。まじまじと見たのは初めてです。少しばかり不気味…、に感じてしまうのが本音。そしてこの首ですが…、

伸縮します。この写真はほぼ伸びきった状態です。子どもが見たら泣き出しそうだ…。

 

また別の場所でもクリスマスの名残のようなものを見つけました。

 

そして1番街へ。1番街が一番人出が多い気がします。四日市駅に近いのも理由にあると思いますが。

 

そんな感じで四日市駅まで戻ってきました。約30分間の散策。良い体験になりました。

 

まとめ

と言うことで、四日市の中心街、近鉄四日市駅周辺で街撮りを行ってみました。これを機に他の場所でも挑戦できれば良いなと思います。街撮りは他の人も多くいるので、迷惑にはならないように楽しんでいきたいと思います。

 

撮影機材

コメント