【レビューと作例】NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

撮影機材

レンズレビューを書きたいと思います。今回はZ6を購入したときのキットレンズである『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』です。標準小三元レンズの一角を担います。

スポンサーリンク

レビュー

外観

『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』を(以下、本レンズ)をZ6に装着したときの外観はこのような感じです。

 

フードなしバージョンも載せておきます。

 

真横からの写真です。

 

ちなみに本レンズ、沈胴式になっています。沈胴状態の写真はこちら。

 

24mmまで繰り出すとこんな感じです。

 

70mmにするとそれなりに伸びます。

 

所感

Z6のキットレンズとして手に入れました。初めは本レンズをメインに使っていました。見た目はスッキリしています。重量もそんなに重くない(約500g)です。Z6と組み合わせるとしっくり来るホールディング製ですね。

f4なので、あまりボケないと思われるかもしれませんが望遠端70mmですとそれなりにボカすこともできます。

沈胴式の構造については賛否両論ありますね。私は持ち運びがコンパクトになるので賛成派です。

なにげに便利なのが最短撮影距離が短い点(0.3m)です。寄れなくて困ったなと感じた記憶は今の所ありません。一般的な被写体であれば問題なく撮影できると思います。

そして画質はZマウントレンズということで素晴らしいです。ブログやSNSに載せる分には一切問題ない画質だと思います。一方でZ7などの高画素機にもバッチリ使用できるとも言われていますね。

 

作例

作例は順次追加していきます。

これ以下、作例として掲載している写真ですが、RAWで撮影した後、Lightroomに取り込んで、カメラ準拠のピクチャーコントロールのみ適用してJPEGに出力しています。ですので、ほぼ(カメラ側でピクチャーコントロールを設定したのと同等の)撮って出しと認識していただいて問題ないかと思います。特筆事項がある場合はその旨を作例写真の前後に記載します。撮影時の情報(絞り、SS、ISO感度等)は写真の中に透かしとして入れてありますので参考にしていただければ幸いです。

それではご覧ください。

 


ピクチャーコントロール『サンデー』を適用しています。

Z6及び本レンズを購入して間もない頃の写真です。なんと言えばいいのでしょうか、しっとりとした美しい描写ではないでしょうか。撮影後、家に帰ってPCに取り込んだ写真を見たとき、Zマウントの凄さを感じました。

 


ピクチャーコントロール『サンデー』を適用しています。

2020年元日の明け方の写真です。初日の出を見に行く前に、四日市・いなばポートライン付近を散策していました。露光時間4秒ということで比較的長い写真です。

 


ピクチャーコントロール『ニュートラル』を適用しています。

先程と同じく2020年の元日の写真です。今回はガッツリf/16まで絞って、長秒(25秒)露光しています。光芒の様子がご確認いただけるかと思います。あなたの好みには合うでしょうか?

 


ピクチャーコントロール『ビビッド』を適用しています。

本レンズに限らないですが、Zレンズは逆光耐性が凄まじい。これも元日の写真です。初日の出が上ってきてしばらく経ったあとに撮影した1枚。逆光を物ともせず描写できています。四日市は霞ヶ浦の工場群が作り出すシルエットも美しくないでしょうか。

 


ピクチャーコントロール『サンデー』を適用しています。

これもまた元日の写真です。初日の出とモンキーを映し出した写真です。繰り返しになりますが、本レンズはどこかしっとりとしたような描写を得意としている印象があります。

 


ピクチャーコントロール『メランコリック』を適用しています。

本レンズの特徴として寄れるということが挙げられます。モンキーの車体のロゴ(エンブレム?)もしっかり寄って撮影することができます。

 


ここまで掲載している写真ですが2019年末と2020年初めのものばかりです。便利ズーム『NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR』を購入したあとは外での使用頻度が下がっています。『本レンズ使ってないんじゃないの?』と思われるかもしれませんが、室内で活躍しています。どういうシーンで使用しているかというと、家族などの写真撮影に使用しています。ということで、作例には載せられません…。また紹介できる作例が増えましたら掲載したいと思います。

 

関連リンク

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
検索

コメント