D750にNikon純正のアクセサリーシューカバーを取り付けました

撮影機材

年末といえば支出が増えるものですが、そんな時期にD750に使うためのアクセサリーシューカバーを購入していました。

スポンサーリンク

アクセサリーシューとは

アクセサリーシューとは、カメラ上部にある銀色の部分です。外付けのフラッシュなどを取り付ける機構の役割を持っています。

その中でも、電気的接点を持つ物をホットシューというようです。D750は電気的接点を持っているので、ホットシューになります。

アクセサリーシューカバーはそんな接点を保護したりする役割があります。また、カメラのドレスアップ、おしゃれのためのものでもあります。

Nikon ASC-01

今回購入したのはNikon純正のASC-01です。amazonで¥1,745で購入しました。

 

外箱はとても小さいです。

 

内箱を取り出しました。少しばかり高級感を感じられる(?)パッケージですね。

 

親指の爪ぐらいのサイズしかありません。

 

裏面にはシューカバーの型番が書かれていました。

 

D750への取り付け

D750に取り付けるとこのような見た目になります。かっこいいですね。

 

まとめ

単なるカバーが2,000円ぐらいと聞くと高く感じられるかもしれません。ですが、接点の保護になりますし、何よりかっこいい。

以前から使っているD3300にも取り付けてあげたいのですが、今回はケチってしまいました…。

約3年間使用したNikon D3300の紹介
私がデジタル一眼レフを購入したのは2015年2月のことでした。購入したのは、NikonのD3300という入門機でした。約3年間、このカメラで写真を撮っていました。

このような細かい部分に対しても大切に扱いつつ、写真撮影を楽しんでいきたいものですね。

コメント