鳥取砂丘で撮影していた風景

写真回顧

在庫写真から、鳥取砂丘に行ったときの写真を掘り返してみました。日本一大きい砂丘の規模はものすごいものでした。

スポンサーリンク

2015年10月9日

綺麗な砂浜だったりすると、思わず砂を持ち帰ったりしたくなりますが、鳥取砂丘ではそのような行為は禁止されています。また、砂浜への落書きなんかも禁止されていますので注意が必要です。参考までに砂丘の入り口近辺にあった看板を掲載しておきます。

 

階段に『熱中症に注意!!』などといった記載が書かれていました。この先の風景を見ると、そのような注意書きが記載されていることも納得できます。

 

階段を登って少し進んだあたりで撮った写真だと思います。手前にいる人と奥にいる人のサイズを見比べると、鳥取砂丘の広大さがよくわかることかと思います。

静岡県浜松市の中田島砂丘に行ったことのあった私は、砂丘とはどのようなものかということはある程度知っているつもりでした。しかし、この鳥取砂丘はスケールが違いました。

 

アングルを変えてみると、もはや砂漠のような風景でした。

 

砂丘という文字列が『砂の丘』と書くように、傾斜もものすごいものでした。中田島砂丘にはここまでの傾斜はありません。

 

その丘を登って見える光景がこのような景色でした。日本海に広がる水平線と砂丘。ものすごく広大な景色でした。

 

日本海の波は荒いですね。

 

砂丘の上で佇む人たち。

 

丘を正面から見るとこのように圧倒される高さでした。

 

砂丘の中には一切水がないわけではありません。オアシスのようなものでしょうか、このように水の流れも少し見られました。

 

猛禽類系の鳥(?)も砂丘内を舞っていました。何を獲物にしているのでしょうか。

 

まとめ

日本一の砂丘、鳥取砂丘での撮影記録でした。

コメント