ナガシマの年越し打ち上げ花火の撮影に失敗した話

撮影記

2020年を迎えました。年越しのイベントとしてナガシマスパーランドでは花火が打ち上げられます。ふと思い立った私は、川越町内のとある場所へ向かいました。外から、打ち上げ花火を見ようという魂胆です。結論としては、準備不足で撮影は失敗に終わりました。

カメラバッグにミニ三脚を携え、颯爽とモンキー125に乗り込んだ私。GoogleMapと直感を信じ、とある場所へ向かいました。とある場所というのはこの辺り。

辿り着いた私はGoogleMapを確認しました。ナガシマスパーランドの方角を見ると…、観覧車が見えない。どうやら場所の選定を誤ったようです。5分ほど考え、少し場所を移動することにしました。そして選んだ場所がここ。

バイクを隅に停め、ナガシマスパーランドの方を見てみると、観覧車が見えました。急いで三脚とカメラをセッティング。すると、まもなく空が明るくなりました。

急いでレリーズのボタンを押しました。自宅で打ち上げ花火向きの設定にしていったものの、どうやら露出不足のようです。更に三脚も傾いている。傾きは最悪、lightroomで補正できるということで、露出の調整に入りました。

ひとまず露出は少し改善しました。露出の改善を確認できた段階で、後はひたすらレリーズのボタンを押す作業に移りました。撮影結果の詳細は見ないまま…。

その結果が、ご覧いただいた数枚の写真でした。三脚を設置し、レリーズを使用したのですがどうやらブレてしまったようです。手ぶれ補正もOFFにしていたはずなのですが…。ちょっと原因はわかりませんが、直前に思い立って撮影に行ったということもあり準備不足が大きかったことと思われます。

今回の経験は今後に生かし、今年の撮影も頑張っていきたいと思います。

コメント