雨の白鳥庭園で片手50mmスナップ

撮影記

そろそろ梅の時期かなということで白鳥庭園へ行ってきました。あいにくの雨…。いや、恵みの雨?雨ならではの白鳥庭園の風景をお伝えします。

私は雨の日の撮影では基本的に単焦点レンズを使用します。と言うのも、片手で撮影できるからです。ズームレンズだと左手で焦点距離を変えたくなりますが、単焦点レンズだとその操作は不要です。

片手なのでホールド力が落ち、手ぶれの可能性は増しますが、その分シャッタースピードを稼いでどうにか撮影しています。ちなみに左手には傘。

 

雨ということもあり園内は人出が少なかったです。

 

橋が一本工事中でした。

 

梅。咲き具合はまだまばらでした。見頃はこれからでしょうか。

 

スイセンが咲いている様子も見られました。

 

石の階段もいつもと違う光の加減に。

 

 

遠目で見る梅。

近付いて見る梅。枝には雨粒も。

 

木の剪定をされている様子も見られました。

 

 

カモがたくさん居ました。

望遠レンズでもっと寄って撮りたかったけど、それなりの距離で撮影することができました。

 

何やら誰でも入れるらしい。

ということで、初めて茶室清羽亭に入ってきました。

 

いくつか作品が展示されていました。

 

ちなみに、中はこんな雰囲気。

 

 

ということで帰路につきます。

 

帰りすがら道ばたに目を向けると綺麗な花が。何の花だろうか?

 

そんな白鳥庭園でした。雨は雨で風情があります。

コメント