中田島砂丘へ初日の出を見に行く際の注意点

撮影スポット

もうすぐ今年も終わりということで、年始の計画を立てる方も少なくないと思います。年始といえば初日の出。そんな初日の出について、私が訪れたことのある初日の出スポット中田島砂丘について、実際に行った経験を元にお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

場所(By GoogleMaps)

中田島砂丘は浜松市の南部に位置しています。浜松駅からは自動車やバスで約30分で来ることができます。

注意点

冬の海岸という条件、そして遠州のからっ風と呼ばれる風が吹く浜松市。私が感じた注意点は3点あります。

トイレ問題

一番重要な点は、この問題だと思います。

中田島砂丘、とても寒いです。そして砂丘内にトイレはありません。なので、寒いからといってコーヒーやココアなどといった温かいもので暖を取ろうとしてしまうと、トイレに行きたくなります。

例えば、海岸の方まで進んでからトイレに戻ろうとすると、20分ほどかかってしまいます。そして、トイレがもし混雑していたら…。あまり考えたくないですね。

かなり寒いので、防寒対策としては厚着カイロなどの併用がオススメです。ホットドリンクの活用はオススメできません!

駐車場問題

いろいろなWEBサイトで確認してみましたが、駐車場はおよそ170台ほどの収容量だそうです。初日の出を見ようと、たくさんの人がかけつける可能性もありますので、自家用車の利用には注意が必要かもしれません。前述のとおり臨時バスが出るようなので、そういった公共交通機関を利用する方が良いかもしれません。

私が初日の出を見に行った時は自転車で行きましたが、私の他にもかなりの数の自転車がありました。

人混み問題

これに関しては問題というほどではありませんが、いつもの中田島砂丘と比較するとそれなりに人出があります。閉鎖空間ではないのでそれほど気になりませんが、人混みが苦手な人は少しツラいかもしれませんね。

まとめ

中田島砂丘へ初日の出を見に行く際の注意点をいくつか挙げてみました。一度しか行ったことのない私は、結局中田島砂丘からの初日の出を拝むことができていません。ですが、少しでもこの情報がお役に立てば幸いです。

コメント