『AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR』のレビューと思い出

撮影機材

つい先日、Zマウントレンズの『NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR』を購入しました。それに伴って望遠域を『NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR』でまかなうこととしました。これまでに持っていた、Fマウントレンズの望遠レンズ『AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR』を売却することにしました。写真も交えて振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

レビュー

焦点距離70-300mmをカバーするこのレンズ。望遠レンズなので長さはそれなりにありますが、重量は望遠レンズの中では軽量級(約680g)です。

手ブレ補正VRも付いており、その効果は4.5段分と強力です。

手軽に使える望遠レンズという表現が、このレンズには合う気がします。

 

思い出

このレンズを持って初めて撮影に行った場所は白鳥庭園。白鳥庭園はレンズの試し撮りにはもってこいの場所だと私は思っています。

この猫は比較的人に慣れていたので、120mmで撮影していたようです。望遠レンズって、動物の撮影に向いていますよね。

今年最後の白鳥庭園で望遠レンズの試し撮り
仕事納めの昨日、いつもより早く退社できたので白鳥庭園に行ってみました。最近購入した望遠レンズの試し撮りも兼ねています。この記事に載っている写真は、すべて70-300mmの望遠レンズで撮影しています。

 

こちらは2019年の初日の出。四日市の霞ヶ浦緑地公園から撮影しました。初日の出にも望遠レンズは役に立ち、太陽をグッと引き寄せた画を得ることができます。

この日はとても寒く、海面から湯気のようなものが出る、気嵐や蒸気霧と呼ばれる現象を見ることができました。

2019年の初日の出を霞ヶ浦緑地公園から撮影
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。一年の計は元旦にありということで、最近よく行く霞ヶ浦緑地公園へ初日の出を見に行ってきました。

 

河川敷でスズメを撮影したこともありました。望遠レンズといえば鳥。本格的に鳥を撮影するには300mmでは短いかもしれません。

七里の渡し周辺を散歩撮影してきました
2週間前、六華苑に行ったのですが、その六華苑の近くに七里の渡しというスポットがあります。今日は七里の渡し周辺を散歩しながら、撮影してみました。

 

四日市市の南部丘陵公園で初めて撮影できた、ウメジロー。

【四日市】南部丘陵公園でウメジローを撮影できました
どうしても冬の間は被写体も少なく、なかなか写欲が満たされませんでした。ぼちぼち暖かくなってきた今日この頃、四日市にある南部丘陵公園という場所で梅を撮影していました。

 

鈴鹿の森庭園の梅。このときは見頃に見ることができました。

梅が見頃な鈴鹿の森庭園へ行ってきました
3月も中旬に差しかかり、梅が見頃な時期になってきました。三重県鈴鹿市の梅の名所、鈴鹿の森庭園へ行ってきました。

 

そして、いなべの梅。こちらも見頃で綺麗でした。

いなべ市梅林公園の梅を見てきました
先日、いなべ市梅林公園に行ってまいりました。見頃過ぎ始めたぐらいのタイミングでしたが、それでも綺麗な梅を見ることができました。

 

桜をクローズアップして撮影することもお手の物。

九華公園の桜を見てきました
4月6日土曜日、桑名市は九華公園の桜を見てきました。そのときの写真を公開したいと思います。

 

Z6に移行してからも、このレンズは使用していました。FTZ経由になるので、かなりレンズが長く感じました。

Zマウントの望遠レンズはいつ出るんでしょうか。f4通しのレンズが小型軽量で出ることを期待しているのですが…。

【モンキー125】2020年の初日の出も霞ヶ浦緑地公園から撮影
今年の初日の出も、四日市の霞ヶ浦緑地公園から拝むことができました。今年はモンキー125に乗って行きましたので、その写真もちょっと載せたいと思います。

 

まとめ

このレンズで撮影した枚数は約2,000枚。望遠レンズって面白いですよね。このレンズは望遠レンズ界隈では軽いので使いやすかったです。

コメント